尾張旭クリニック|尾張旭市東大道町|内科|循環器内科|糖尿病内科

診療のご案内 睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

  • 循環器疾患について
  • 糖尿病外来について
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

睡眠中に10秒間の呼吸停止や呼吸の低下が1時間で5回以上、または7時間で30回以上ある場合に診断されます。病気が深刻なのは、睡眠を障害するだけでなく、気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があります。
心筋梗塞、脳卒中、高血圧、糖尿病とも密接に関与しており、夜間の酸素不足が原因で、高血圧や不整脈、心不全を発症するリスクが高くなります。

こんな症状はありませんか?

  • 大きないびき
  • 寝ている時に呼吸がとまっていると指摘されたことがある
  • 昼間の強い眠気
  • すっきり起きられない
  • 起床時の頭重感
  • 集中力が続かない
  • いつも疲労感がある

原因について

空気の通り道である上気道が閉塞し、狭くなることにあります。その原因として、

  • 肥満による首まわりの脂肪
  • あごが小さい
    (痩せていても、女性でもかかる病気です。)
  • 舌が大きい
  • 扁桃肥大

などがあります。

検査と治療について

まずは、診察を受けていただき検査を行います。当院では自宅でできる簡易検査を行なっておりますので、普段と変わらず仕事や日常生活を心配せずに検査することができます。簡易検査の結果、異常が見つかった場合は、引き続き当院での治療(CPAPという機械を貸し出しいたします)が可能となります。また、中等度異常の際は提携病院での精密検査をご案内いたします。
検査料金は3割負担の方で3,000円で、別途診察料がかかります。ご心配な方はどうぞお気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る